戻るホームへ戻る通信講座
 

通信教育で内部監査員・主任監査員を短期養成しよう!

ISO/TS 16949に対応する
内部監査員養成スクール


   

通信教育3ヵ月コース・スクーリング選択可
お申込み受付後,すぐに教材が送られ添削指導がスタートします!!

自動車用セクター規格ISO/TS(Technical Specification)16949は,ISO 9001をベースに自動車に固有な要求事項を追加した自動車業界のグローバルな品質システム規格として,1999年秋から欧米各国主要自動車メーカーで採用が開始された。今後,国内においても次第に採用が浸透していくものと考えられる。
その内部監査員の養成は急務であり,部品承認のPPAPとAIAGのレファレンスマニュアルを使用した,内部監査員養成スクールを開始する。
是非,早く優秀な内部監査員を養成されんことを。

「通信教育修了認定証」と「スクーリング講座修了証」をそれぞれお渡しします。(修了基準については別に定めます。)
◎担当プロフェッサー
安藤黎二郎 氏
 安藤技術士事務所・所長
大坪俊治 氏
 大坪技術士事務所・所長
*このスクールの添削,スクーリングの担当講師は,QS-9000,ISO/TS16949審査,及び受審指導のベテランです。
◎受講料
29,600円(消費税込)
5名以上1名につき 27,600円
10名以上1名につき 25,600円
※この通信講座の受講料の中には、テキスト合本1冊及び3回の問題解答添削の費用を含みます。
スクーリング日程(2日間)
日程は決定しだいお知らせいたします。
※スクーリングは東京で開催
スクーリング受講料 30,400円 (消費税込)
(昼食代含む)

受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
通信講座のお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。

●この通信教育の特色と習得方法

  1. ISO/TS16949の内部監査員として把握しておかなければならない基本事項と技法を網羅してありますので,短期間で必要な人数の内部監査員を養成することが可能です。
  2. 事例とフォーマットを多数載せてありますから,内部監査の具体的イメージがつかめます。
  3. 希望者はスクーリングを受けることができますので,講師の体験に基づいた解説指導,質疑応答ができます。
  4. テキストはお申込み受付後に合本1冊と第1回添削問題をお送りし,その後,毎月第2回、第3回の添削問題をお手元にお届けいたします。受講者は一定期間内に解答を送付し,これを担当プロフェッサーが添削し,生々しい講評をつけて返却いたします。
  5. 添削指導の修了者には,修了認定証を授与いたします。また希望者には,スクーリング(2日)を行い,修了テスト合格者にスクーリング講座修了証を別途授与いたします。
    認証登録にお役立てください。

●テキスト内容

序章
1.はじめに
2.TS16949に於ける内部監査の位置付け
第1章 ISO/TS16949:2009について
1.1 ISO/TS16949:2009規格制定の経過と今後の動向
1.2 ISO/TS16949:2009規格の特徴
1.3 自動車業界の特徴
第2章 審査登録のルール
第3章 ISO/TS16949:2009 規格の構成・基礎
3.1 ISO/TS16949:2009 規格の構成と品質マネジメントシステム文書化の展開
3.2 ISO 9000:2005−品質マネジメントシステム基礎及び用語の理解
第4章 ISO/TS16949:2009要求事項の解説
第5章 AIAG レファレンスマニュアル概説及び理解のポイント
5.1 APQP&CP 概説
5.2 生産部品承認プロセス PPAP 概説(第4版)
5.3 潜在的故障モード影響解析 FMEA
5.4 計測システム解析 MSA
5.5 統計的工程管理 SPC
5.6 レファレンスマニュアル監査のポイント
第6章  内部監査のすすめ方
6.1 品質マネジメントシステム監査のすすめ方
6.2 製造プロセス監査のすすめ方
6.3 製品監査のすすめ方
第7章 プロセスアプローチ監査のすすめ方
7.1 プロセスアプローチ
7.2 COP(顧客志向プロセス)
7.3 プロセス分析
7.4 タートル分析
7.5 チェックリストの作成

戻るホームへ戻る通信講座