戻るホームへ戻るセミナー
 

保全のIoT化を考える!! 情報システムの新しい展開です。

保全業務を画期的に革新する
IoTによる予知保全システム(東京・大阪)


   

事後保全,予防保全,予知保全すべてにIoTを活用,保全業務を革新する!!

講師: 山口俊之
(株)戦略情報センターPOP研究所 所長
受講料: 42,000円(消費税込)
(テキストおよび昼食を含みます。)
 

東京会場

大阪会場

日時 平成29年11月21日(火) 10:00〜17:00
1日集中講座
平成29年12月15日(金) 10:00〜17:00
1日集中講座
会場 新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2
一番町ビル3F
TEL 03(5276)9033
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分
地下鉄有楽町線 麹町駅徒歩5分
(受講券に地図を添付いたします)
会場地図
たかつガーデン(大阪府教育会館)
大阪府大阪市天王寺区東高津町7番11号
TEL 06-6768-3911
(受講券に地図を添付いたします。)
会場地図
受講申込 受講申込

※録音・録画はご遠慮下さい。


●受講のおすすめ

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とはセンサーから直接的に自動的にデータを採取し,インターネットを介して収集してビッグデータにして解析し,課題解決する手法のことです。これによって濃密で詳細なデータが収集できるので(ビッグデータ),これを用いて保全業務を革新する方策を考えることにします。
保全業務の情報化は,予備品の調達や在庫管理などのサブ的業務などに限られていて,保全業務そのものを画期的に革新するような取り組みに欠けるものでした。
保全方式は事後保全,予防保全,そして予知保全の3つに大別できますが,それぞれの保全方式にIoTを活用して保全業務を革新させるための方策を示すとともに,そのシステム化について具体的な事例を示しながら解説します。
保全業務に携わっている方はもちろん,情報システムの新しい展開を指向している方にも参考にしていただけるでしょう。
是非,ご受講下さい。講師派遣セミナーもOKです。


●セミナープログラム

1.第4次産業革命とIoT
(1)インダストリー4.0
(2)IoT
(3)ビッグデータ
2.IoTと情報処理
(1)センサーの知識
(2)情報処理のながれ
(3)ビッグデータ
(4)詳細な実態の分析
(5)解決策
3.保全業務の問題点
(1)マニュアル・インプットの限界
(2)設備の健康実態が見えない。
(3)保全コストのコストダウンができない。
(4)保全マンのマインドが低い
4.保全計画
(1)設備のライフサイクル
(2)設備の重要度とFMEA
(3)設備故障確率とMTBF
(4)保全計画の概要
5.予備品の調達と在庫管理
(1)予備品の在庫回転時間
(2)予備品在庫のコントロール管理
6.IoTによる偶発故障対策
(1)自己故障診断と警報
(2)故障発生時の状況と故障履歴
(3)予備品の調達と在庫管理
(4)事後保全の情報支援システム
7.IoTによる予防保全
(1)IoTでTBMのビッグデータを採取
(2)運転情報とTBMビッグデータの相関
(3)MTBFとMTTRの探求
(4)予防保全(TBM)システム
8.IoTによる予知保全
(1)IoTでCBMのビッグデータを採取
(2)運転情報とCBMビッグデータの相関
(3)傾向管理グラフ
(4)保全値の探求
(5)予知保全(CBM)システム
9.高度な保全ビッグデータの活用
(1)新しい設備健康情報の探求
(2)保全ビッグデータの新しい分析・解析法
(3)保全業務の革新
◎ 質疑応答

戻るホームへ戻るセミナー