戻るホームへ戻るセミナー
 

現場管理監督者のIoT活用の悩みに応える!!

IoT時代の今,現場管理監督者は何をしなければならないか!


   

新しい世代に対応するコミュニケーションは「ファシリテーターつきのワイガヤ」と「SNS」の二刀流になる!!

講師: 山田浩貢
株式会社アムイ 代表取締役
日時: 平成30年11月20日(火) 10:00〜17:00
1日集中講座
受講料: 42,000円(消費税込)
(テキストおよび昼食を含みます。)
会場: 新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F
TEL 03(5276)9033
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分
地下鉄有楽町線 麹町駅徒歩5分
(受講券に地図を添付いたします)
会場地図

※録音・録画はご遠慮下さい。


受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
セミナーのお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。

●受講のおすすめ

製造業は今,景気が堅調に推移するものの人手不足の中,業績を伸ばすにはどうしたらよいか模索しております。
経営トップからはIT,IoT活用が必須との指示が出ているものの何にどう手を付けて良いか現場管理監督者は悩んでいます。
特に団塊ジュニア世代が経営を担い,平成生れ世代が現場の中心になってきました。今の世代は団塊世代とは違い,KKDや団体行動で培われた浪花節主体のアナログ的な現場改善手法は成り立ちません。今後はコミュニケーションの主体は「ファシリテーターつきのワイガヤ」と「SNS」の二刀流になっていくと考えております。今の時代にあった現場管理とはどうあるべきかについて同世代でかつ25年以上製造業の現場改善にIT,IoT活用の経験者が解説指導いたします。


●セミナープログラム

1.製造業における課題
1)ムダ排除は本当に出来ているか?
2)5Sが定着しないのはなぜか?
3)市場クレームを撲滅するには
4)外国人活用における利点と課題を整理する
5)労働力減少の今の世代に合った思考とは?
6)IoT導入が上手くいかないのはなぜか?
2.IoT導入を円滑に進めるための手順
1)物と情報の流れを把握する
2)業務分担を見える化する
3)真の課題を明確にする
3.IoT導入のポイント(全体像)
・7つのムダ排除の観点から見たステップ
4.5SにIoTを活用する
1)5Sを正しく理解する
2)5Sの基本は2S
3)2Sの進め方とIoTによる定着のコツ
5.在庫削減のためのIoT活用
1)ストアの正しい作り方とポイント
2)ストア在庫定着にIoTを活用する
3)ストアをつなぐ後補充生産の原理・原則
4)後補充でサプライチェーン在庫を圧縮する
6.現場改善のためのIoT活用
1)現場改善のあるべき姿
2)実績管理をIoTで強化する
3)なぜなぜ分析,特性要因図を活用する
4)社員のモチベーションを上げるには?
7.自動化,AIで変わる管理ポイント
1)ロボット,無人搬送機に変わると何を管理するのか?
2)AIで代替できる人作業とは?
8.ものづくりにおけるIoT化の将来像
1)マスカスタマイゼーション実現に向けて意識すべきこと
2)ものづくりIoT化がもたらす付加価値とは
◎ 質疑応答

戻るホームへ戻るセミナー