戻るホームへ戻るセミナー
 

知財管理技能検定2級合格を目指す受検希望者をサポート!

知的財産管理技能検定2級合格対策直前集中講座


   

『知的財産管理技能検定2級』合格のための知識とノウハウを叩き込む,
本番試験直前の「すぐに効く」2日間の集中講義!

講師: 漆原誠一
技術士(情報工学)
弁理士
知的財産管理技能士(1級特許)
日時: 2019年10月26日(土) 13:00〜17:00
2019年10月27日(日) 10:00〜16:15
受講料: 35,000円(消費税込)
(テキスト代を含みます。)
会場: 新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F
TEL 03(5276)9033
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分
地下鉄有楽町線 麹町駅徒歩5分
(受講券に地図を添付いたします)
会場地図

※録音・録画はご遠慮下さい。
※昼食は各自ご持参下さい。


受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
セミナーのお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。

●国家試験の概要と本講座の特徴

知的財産管理技能検定は,事業活動において必要な知的財産に関する知識や,課題解決能力を認定する国家資格(知的財産管理技能士)です。本資格は,弁理士のように知的財産関連の委任業務を専権業務にできるわけではありませんが,知的財産に関する広い視野に基づいて課題解決を図れるという点で,バランスのとれた資格といえます。
試験は筆記式で,法律の知識を問う「学科試験」と,実際の場面における課題解決力を問う「実務試験」からなり,それぞれ40問を60分で解答しなければなりません。
本講座では,知的財産に関わる法律,条約,裁判例を1冊にまとめたオリジナルレジメを用いて,特に合格に必須となる部分に重点を置き,2日間に凝縮した日程で,対策ポイントを徹底的に解説します。

受講対象者と受講のメリット
本講座は,知的財産部門や法務部門のみならず,知的財産への知見が必要になっている,企画・営業や技術・製造部門等の方々までを対象に,知財検定2級合格に必要な知識をカバーし,国家資格に挑戦する実力をつけてもらうことを目標に企画しました。
過去問分析に基づき,力点を置くべき単元に絞って傾向と対策を指導し,前回・前々回試験の解答のポイントを押さえる繰り返しによって着実に解答力を培います。
特に,知的財産管理について学ぶ必要があるが,どの範囲をカバーしていれば十分といえるのか,自身の知的財産に関するスキルを確認したい,などと考えている方に最適です。
受験直前にもう1ステップのレベルアップを望まれる方,ぜひ本講座をご活用ください。


●セミナープログラム

〜スクーリング日程〜
1日目
 13:00〜17:00 はじめに〜オリエンテーション/コンテンツ保護/技術保護1
 ◎ 質疑応答

2日目
 10:00〜12:00 技術保護2/ブランド保護
 13:00〜16:15 デザイン保護/戦略/契約/エンフォースメント/
           リスクマネジメント/法務/調査/関連法規
 ◎ 質疑応答

〜解説テーマ(知財検定2級の出題範囲)〜
  • コンテンツ保護:コンテンツを保護する法律/著作物の国際的保護/著作権の周辺
  • 技術保護:技術保護の意味/技術を保護する法律/技術を保護する条約/特許法概要/国際的保護/不正競争防止法/実用新案法/種苗法
  • ブランド保護:ブランド保護する法律/商標法概要/ブランドの国際的保護/不正競争防止法/地理的表示の保護
  • デザイン保護:デザインを保護する法律(創作物・識別標識)/意匠法概要/国際的保護
  • 戦略:知財戦略(スキル・アプローチ)
  • 契約:契約とは/契約書の意味/契約の成立要件/契約の種類/債務不履行(契約違反)と対応/契約における注意/独禁法上の注意/譲渡における注意/ライセンス契約上の注意
  • エンフォースメント:侵害判断/権利行使における注意点/アクション/刑事罰/関税法上の措置
  • リスクマネジメント:否認/反撃/抗弁/私的自治
  • 法務:従業員による知財リスク/外部パワーの活用
  • 調査:調査の目的・対象/調査の難しさ/調査のてがかり/パテントマップ/調査の留意点/調査ツールJ-PlatPat
  • 関連法規:TRIPS/特許法条約(PLT)/商標法に関するシンガポール条約(SLT旧名商標法条約)/植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV)

戻るホームへ戻るセミナー