戻る ホームへ戻る マニアル ご注文・お申込の方法 買い物カゴを見る
 

実際に企業を指導し実績をあげたノウハウを公開

部門業績評価システム


   
A4判・くるみ製本・226頁
定価 29,600円(〒共・消費税込)

編著 日比宗平
   (元青山学院大学教授・工学博士)


注文する このボタンをクリックすると『部門業績評価システム』が買い物カゴに入ります。

本書の特色

  1. 企業業績向上に焦点
    企業業績の向上,従業員のモラル向上,管理者を経営担当者(後継者)に育成すると いう3点が実現できるようシステムが設計されている。とくに,実務の中から生まれ たシステムであるので,業績向上・利益向上という現在の企業ニーズに焦点をあわせ た実践的システムになっている。

  2. 平易な解説
    業績評価システムの考え方,導入のステップ,モデル,事例,ケースと体系的に説明 しているので理解しやすい。また,企業規模・業種のいかんを問わず自由に応用でき るよう弾力性をもっている。

  3. 実践重視
    図表・帳表・様式や計算例を豊富にもりこみ理解しやすいだけでなく,システム設計 の手間が省け,記入式シートによって利用するのに便利である。また,実務にたずさ わる人々がぶつかる難問に,〈質問〉と〈解答〉の形式により,実践的な処理方法を 示している。

  4. 応用自在
    システム全体としてはもちろんのこと,多くのユニークな技法がとり入れられている ので,企業の部分管理にも応用できる。たとえば,変動予算見積法・代金回収計算法 ・納期管理・在庫管理・人件費管理・クレーム管理等である。

  5. 報奨問題にも指針
    報奨問題は業績評価システムのかなめであるが,この問題に関しても,その考え方と 適用法について,実例をあげて明確な進め方を示している。



内 容 項 目

1.業績評価の意義と目的

1.1 業績評価の基本的考え方
1.2 業績および業績評価とは何か
1.3 業績評価成功のための基本条件
1.4 業績評価システムの種類と実績表現性
1.5 業績評価と予算管理。内部監査との関係

2.業績評価システムの種類と評価法

2.1 機能部門の集合体の業績評価法(事業部制)
2.2 単独の機能部門の業績評価法(部門業績評価法)
   2.2.1 製造部門の業績評価法の例(コスト・センター・システム)
   2.2.2 営業部門   〃   〃
   2.2.3 保全部門   〃   〃
   2.2.4 経理部門   〃   〃
   2.2.5 研究部門   〃   〃
2.3 機能部門内の小機能の業績評価性
   2.3.1 購買業務の業績評価法
   2.3.2 在庫管理業務の  〃
   2.3.3 運搬業務の    〃
2.4 個人の業績評価法
   2.4.1 目標管理システム
   2.4.2 人事考課システム

3.部門業績評価システム

3.1 部門業績評価システムの概要
3.2 部門業績評価システムの狙い
3.3 部門業績評価システムの設計の要点
3.4 部門業績評価計算の基本型
   3.4.1 部門の構造
   3.4.2 部門取引の構造
   3.4.3 部門業績報告書
3.5 部門業績報告書の項目別説明
3.6 部門間売買価格のきめ方
   3.6.1 部門間売買価格の基本的考え方
   3.6.2    〃   〃  の計算法
   3.6.3 政策売買価格のきめ方
   3.6.4 売買還元性による売買価格決定が企業利益に与える影響
3.7 つけかえ単価のきめ方
   3.7.1 つけかえの意義と重要性
   3.7.2 つけかえ単価の計算法
   3.7.3 つけかえに関する事務手続
3.8 代金回収成績の計算法
   3.8.1 代金回収成績の意義と重要性
   3.8.2 代金回収成績の計算式
3.9 本社費・利益の負担額のきめ方
   3.9.1 本社費負担の意義と負担のさせ方
   3.9.2 利益負担の意義と負担のさせ方
   3.9.3 本社費・利益の負担計算モデル
3.10 部門資本金のきめ方
   3.10.1 部門資本金の意義
   3.10.2 部門資本金の範囲
   3.10.3 部門資本金の計算法
3.11 部門の総合業績の求め方と部門業績を左右する要因の分析
   3.11.1 部門の総合業績の意義と求め方
   3.11.2 部門業績を左右する要因の分析
3.12 部門の期計画値(基準値)の作り方
   3.12.1 期計画の意義と役割り
   3.12.2 期の利益計画の作り方
   3.12.3 部門の期計画設立のステップ
   3.12.4 部門費の期計画値の作り方
3.13 部門の長期業績の求め方
   3.13.1 部門の長期業績の意義
   3.13.2 部門の長期業績計算の基本式
   3.13.3    〃   〃  モデル
   3.13.4 期と期の間でのレベル計算法
   3.13.5 計算値との差異分析法
   3.13.6 期と期の間でのレベル変化を含む2期間モデルによる長期業績計算法(異レベルモデル)
3.14 部門業績評価システム設計・運用のステップ
   3.14.1 部門業績評価システム設計のステップ
   3.14.2 部門業績システム運用のステップ
3.15 部門業績評価システム期計画設定モデル
   3.15.1 設定モデルの狙いと全体構造
   3.15.2 各設計ステップの説明
3.16 部門業績計画システム設計演習問題
   3.16.1 (演習1)改修成績の計算
   3.16.2 (演習2)期の利益計画の調整計算
   3.16.3 (演習3)部門費計画値の計算
   3.16.4 (演習4)消費係数Kと操業度係数Wとの比較計算
   3.16.5 (演習5)売買価格の計算
   3.16.6 (演習6)営業部門の業績差異分析
   3.16.7 演習問題の解
3.17 部門業績評価システムに関する質問と解答
(質問1)〜(質問26)

4.ケース・スタディ

4.1 製菓業A社の部門業績評価システム
   4.1.1 会社概況と部門業績評価システムの導入
   4.1.2 会社組織と部門業績評価システムの運営
4.2 機械製造業B社の業績評価システム
   4.2.1 会社概況と部門業績評価システムの導入
   4.2.2 当社に適用したシステムとシステム設計過程での諸問題

5.業績評価と報奨

5.1 業績評価と報奨の基本的考え方
5.2 成果と報奨方法
   5.2.1 成果とは何か
   5.2.2 報奨の方法
   5.2.3 報奨方式の例

6.基本シート

6.1 Aグループ
A-1 営業部業績計算法(業績月間)
A-2 製造部業績計算法
A-3 資材部業績計算法
A-4 原価費月区分表
A-5 政策売買価格計算表(新製品他)
A-6 特急損失調査図
A-7 特急料計算表
A-8 遅延損失単価計算表
A-9 遅延料計算表
A-10 賃金支出の原価計算表
A-11 従業員ひとり年平均コスト表
A-12 つけかえ伝票
A-13 基準回収日数計算表
A-14 実績回収日数計算表
A-15 本社費・利益負担額表
A-16 部門資本金区分表
A-17 部門資本金計算法
A-18 期の利益計算調整計算表
A-19 部門費期計画ね計算表
A-20 消費係数算定図
A-21 原価向上費推移図表
A-22 長期業績計算表(同レベル)
A-23 総合業績長期傾向グラフ
A-24 レベル計算表
A-25 営業部門業績差異分析表
A-26 製造部門業績差異分析表
A-27 資材部門業績差異分析表
A-28 長期業績・差異分析(異レベル)
A-29 長期業績
A-30 部門別売買価格計算表
A-31 営業部内受入原価修正計算表
A-32 資材部門標準売買計算チェック表
A-33 製造A部門標準売買計算チェック表
A-34 製造B部門標準売買計算チェック表
A-35 製造C部門標準売買計算チェック表
A-36 営業部門標準売買チェック表
A-37 売主別売先別売上高一覧表
A-38 買主別受入先別受入原価一覧表
A-39 期計画値計算総括表
A-40 〆切日がまちまちの場合の請求ゆとり日数計算表
A-41 前受金のある場合の回収日数計算表
A-42 定性的要素評価表(序列法)
A-43 定性的要素評価表(水準法)
A-44 定性的要素評価表(点数法)
A-45 定性的要素評価表(ウエイト付点数法)
A-46 営業部業績期報
A-47 単位部署業績評価要素・ウエイト
A-48 単位部署業績ポイント計算表
A-49 季節差のある場合の業績計算表
A-50 季節差のある場合の長期業績図
A-51 対象者別報奨方法検討表
A-52 ラッカープラン計算表
A-53 スキャンロンプラン
A-54 特別賞与分配計算表

6.2 Bグループ
B-1 メッキ係原価管理月報
B-2 原単位管理カード
B-3 費目別許容原価表
B-4 工場原価管理月報
B-5 営業部門・製造部門業績評価表
B-6 営業部門・製造部門業績評価要素
B-7 営業部門・製造部門業績報告書
B-8 設備保全評価尺度
B-9 保全部門業績評価表(point s!stem)
B-10 資金部門業績評価要素
B-11 期計画売上高表(原価管理課)
B-12 在庫管理測定表
B-13 在庫管理状態評価基準表
B-14 在庫業績評価配管図
B-15 発送部門業績標準
B-16 業務目標設定・判定表(個人)
B-17 業績考課表(技術職)(個人)
B-18 専門職活動評価記録(東芝)(個人)


戻るホームへ戻るマニアル