戻る ホームへ戻る マニアル ご注文・お申込の方法 買い物カゴを見る
 

技術部門、研究開発、情報・特許管理部門の方々に
すぐ役立つフォーマットを満載

レポート・フォーマット事例集成
−技術戦略編−


   
A4判・くるみ製本・395頁
定価39,800円(〒共・消費税込)

編著 柳川達吉(技術士・経営工学)
   山崎 敞芳(技術士・情報処理)


注文する このボタンをクリックすると『レポート・フォーマット事例集成 −技術戦略編−』が買い物カゴに入ります。

ISO9001の開発標準のフォーマットに文書(ドキュメント)管理も完璧です!
自己診断、方針管理、企画の実行ステップ毎のフォーマットを223も網羅!
評価されるレポート作成に簡潔・明解な指示書作成に、即、パワーを発揮します。(フォーマットの記入事項の要点解説付)


‐本書の特徴‐

  1. 低成長期に利益をあげるためには、明確な技術戦略に基づいたマネジメントが必要です。そのためのツールとして、わかりやすいフォーマットが待望されていました。その要望にお応えします。
  2. 企業発展の原動力としての研究開発部のマネジメントに必要な一切のフォーマットが含まれ、情報収集管理のノウハウが網羅され、いますぐ抜きんでた指示書、レポートが作成できます。
  3. 経営戦略からみた国内外の研究開発の動向がひとめで解り、自己診断、方針管理、企画が、実行のステップ毎に簡単にまとめられる。
  4. 223のレポートフォーマットが、日々の業務にそのまま活用できる現場向き実践マニアルである。
  5. 企業の命運を左右する情報特許管理について、収集、加工、整理、保管のノウハウと情報の質的向上へのプロセスのノウハウを公開している。

内容目次

本文

第1章研究開発の必要性の意義

1−1研究開発と企業経営
1ー2新製品開発と企業化
1−3集団技術行為とマネジメント

第2章研究開発の概況

2一1国内編
2ー2海外関係
2ー3民間企業,中小企業

第3章研究開発業務の自己診断

3−1方針,組織
3ー2予算,計画性,運営

第4章商品計画とマーケッテング

4‐1開発商品とマーケッテング
4ー2開発商品力
4ー3商品計画と市場戦略

第5章開発方針と企業経営

5−1情報収集
5−2情報集約,目標設定
5ー3開発方針

第6章開発計画

6−1製品企画及び新製品評価
6ー2製品企画の展開
6ー3開発の個別スケジュール

第7章開発進行,管理

7ー1開発工数の調査と要約
7ー2開発予算,進行管理
7ー3進行中の統制及びフィードバック

第8章統制管理,活動評価

8−1製品化構想段階
8−2商品化計画評価
8−3予測と実績評価

第9章信頼性品質保証

9−1開発,設計の信頼性
9ー2品質保証

第10章研究開発部門のマネジメント

10−1技術者の育成と管理
10−2創造性開発
10−3効率化,生産性向上

第11章技術情報管理

11−1企業と情報
11ー2情報の収集
11−3情報の加工
11−4情報の提供
11−5情報の調査
11ー6情報の保管
11−7情報管理業務の展開

第12章特許管理

12−1企業と特許
12ー2工業所有権の概要
12ー3特許管理の基本的業務
12ー4発明の権利化
12ー5特許の保全管理と活用
12−6特許情報の管理
12−7特許管理業務の展開

シート編

1.総合編

シート1−1研究開発部門に対する期待と要求
1−2研究開発の意義及び目的
1−3研究開発の管理機能
1−4研究開発部門の任務
1−5研究開発管理者(部門)の基本
1ー6研究開発管理の特長
1ー7研究開発管理に対する考え方の相違
1ー8研究開発部門と他部門の関係
1ー9研究業務フローチャ1ト例
1−10新製品開発ステップ
1−11長期経営戦略として重要事項(全産業,製造業他)
1−12製造会社等の研究費
1−13研究関係従事者の組織別構成
1−14研究機関の研究費の学問別構成
1−15特定目的別研究費
1ー16主要国及び我国の研究費推移
1−17主要国の研究費の対国民所得
1−18研究費の使用割合費目別構成比
1−19研究者及び従事者数
1−20人口1万人当たり研究者数の推移(主要国)
1ー21製造業従事研究者比率
1−22研究者1人当り研究費(国別,機関別)
1ー23業種別企業の1人当り研究費
1−24会社等の研究費の性格費目別構成
1ー25国の科学技術関係予算
1ー26米国の研究開発予算(3ヶ年)
1ー27研究費の性格別構成比,国別比較
1−28技術分野別技術導入件数
1−29「外国」から「日本」,「日本」から「外国」特許出願
1ー30技術水準到達理由及び技術革新寄与
1ー31主要国における特許出願件数推移
1ー32技術導入件数特許出願
1−33技術貿易受取支払比率
1−34新製品開発の動機(大企業,中小企業)
1ー35新製品開発の問題点認識(大企業,中小企業)
1ー36我国が画期的独劃的研究に劣る理由
1−37独創的自主技術開発の具体策
1−38製品開発に利用したい機関制度(研究開発ー生産移行)
1−39製造業の得意技術分野
1ー40製品開発の中心人物比率(大.中小企業)
1−41中小製造業技術活動経緯要約
1−42中小製造業の研究開発(実施比率,研究費,人員,売上比,利益率)
1ー43中小製造業の技術力向上のための利用状況と二―ズ
1ー44代表的企業の方向戦略
1−45企業内中堅の意識要約
1−46べンチャービシネス
1ー47採用を増したい専門分野別傾向

2.分析編

シート2−1既開発製品占有率分析シート
2ー2製品G別占有率推移分析シート
2ー3新旧製品交替推移分析シート
2ー4新製品開発品の売上高構成分析
2ー5開発新製品販売高ABC分析
2ー6年度別月別新開発製品売上高分析
2ー7既開発品期別売上推移分布
2ー8自社主力製品の商品力分析(1)
2ー9       〃    (2)
2ー10研究開発成果,付加価値構成分析
2ー11開発製品採算性分析図
2ー12製品別ライフサイクル分析図
2ー13製品別経営貢献度要約シート
2ー14研究開発投資及回収分析(1)
2ー15       〃   (2)
2ー16テーマ別研究開発投資回収期間収益比較シート
2ー17研究開発組織改組状況
2ー18研究開発職能調査シート
2ー19研究開発部門自己診断シート
2ー20研究開発業務チェックシート
2ー21研究開発管理状況チェックシート
2ー22研究開発人件費・経費売上推移分析
2ー23研究開発経費(期別)分析シート
2ー24研究開発関連(資材,外注委託,施設設備)推移分析
2ー25研究開発技術業務の条件分析
2ー26研究開発管理部門業務調査シート
2ー27研究開発ー企業化パターン分析
2ー28研究開発部門分析・計数算出シート
2ー29研究開発部門指標シート
2ー30研究開発技術者1人当り指標(3期分)
2ー31研究開発部門対生産販売部門人員比較
2ー32技術員状況分析シート
2ー33研究開発技術者の年齢別,勤続年数別分布
2ー34研究開発要員人件費分析表
2ー35研究者開発技術者移動状況分析
2ー36研究開発業務の時間的分析
2ー37研究開発業務ワークサンプリング記録表
2ー38研究開発業務ワークサンプリング集計表
2ー39創意着想の発生源分析シ‐ト
2ー40研究開発テーマ発生動機分析シート
2ー41研究開発テーマ手持分分析
2ー42研究開発施設状況(3期比較)シート
2ー43研究開発設備分析表
2ー44研究開発・設備状況
2ー45研究開発部門施設設備減価償却分析
2ー46研究開発用設備計画シート
2ー47研究開発用資材・消耗品需要分析

3.計画編

3ー1研究開発事前調査事例
3ー2研究開発の系統,相互関係(例)
3ー3新製品開発におけるプロセスの例(テーマが絞られているケース)
3ー4研究開発方針策定補助シート
3ー5開発新製品販売計画実績対比
3ー6マーケッチング関連要因チェック表
3ー7マーケッチングシステムテザイン補助シート
3ー8新製品市場調査結果要約表
3ー9総合研究開発計画表
3ー10期間開発基本計画
3ー11研究開発業務期間計画
3ー12期間研究開発計画
3ー13技術情報収集内容整理
3ー14製品評価投票シート
3ー15研究開発品目選定補助シート
3ー16新製品開発チェック項目
3ー17開発スケジュール表
3ー18研究開発基本方針チェック
3ー19個別研究開発計画書
3ー20研究開発個別予算見積り
3ー21研究開発テーマのパターン区分と評価
3ー22開発テーマ審査公式例
3ー23市場性評価チェック
3ー24研究開発進行関連規定チェック
3ー25研究開発業務量概算予測表
3ー26研究開発技術要員計画表
3ー27研究開発技術者保有能力算出表
3ー28研究開発月間概算工数計画表
3ー29技術業務別負荷概算表
3ー30研究開発業務日程分析シート
3ー31研究開発準備時間集約表
3ー32正味研究開発時間→日程相関表
3ー33研究開発基準日程シート
3ー34研究聞発内容別概算基準負荷表
3ー35研究開発部門概算余力計画表
3ー36研究開発用施設設備負荷概算表
3ー37研究開発業務余力管理指数
3ー38研究開発業務手待ち分析シート
3ー39研究開発設備(現状→計画)
3ー40研究開発施設設備計画表

4.管理編

4ー1研究開発評価項目シート
4ー2開発設計評価チェックリスト
4ー3各種パターン評価
4ー4研究開発品,品質評価
4ー5研究開発技術水準評価シート
4ー6研究開発技術者の評価チェック表
4ー7研究開発中間結果報告
4ー8研究開発進捗報告書
4ー9( )月次進行報告
4ー10研究開発完了報告
4ー11研究開発計画実績報告
4ー12研究開発業務時間記録シート
4ー13研究開発業務実績集計分析
4ー14研究開発(テーマ数.達成率)進度内容分析
4ー15研究開発業務開始完了手持ち残シート
4ー16スケジュール実績差異分析シート
4ー17研究開発遅延原因調査シート
4ー18研究開発業務の社内,外部委託区分シ一ト
4ー19研究開発業務トラブル調査シート
4ー20研究開発用施設,設備故障記録
4ー21研究開発部門経費予算表
4ー22研究開発部門門経費予算と実績
4ー23研究開発予算及び実績記録
4ー24研究開発コスト算出ステップ
4ー25研究開発部門アワーレート算出シート
4ー26研究開発費用配賦表
4ー27研究開発プロジェクト別原価表
4ー28研究開発のout put集計シート
4ー29研究開発管理項目現状及び問題点と対策
4ー30研究開発管理機能と現状評価
4ー31研究開発管理改善要因チェック
4ー32研究開発用帳票チェック表
4ー33研究開発用レポート記録明細
4ー34研究開発業務管理報告帳票チェックシート
4ー35研究開発段階別管理業務検討シート
4ー36研究開発管理システム立案補助シート
4ー37研究開発効率化のチェックポイント
4ー38研究開発業務効率化項目チェックシート
4ー39研究開発業務改善要約シート
4ー40研究開発管理改善計画
4ー41研究開発管理改善目標対策表
4ー42研究開発総合管理報告
4ー43研究開発設備管理表
4ー44研究開発用具消耗品等補充基本表
4ー45研究開発部門ミーティング予定表
4ー46教育訓練計画

5.情報管理編

5ー1情報管理業務システム
5ー2研究開発工程と必要情報
5ー3情報戦略フロー図
5ー4情報源機関と収集ルート
5ー5情報収集のための作業工程
5ー6情報二一ズ調査票
5ー7情報の種類と提供基準
5ー8情報処理基準表
5ー9社内における情報流通システム
5ー10情報地図(その1)技術動向編
5ー11  ” (その2)企業動向編
5ー12  ”  (その3)自社技術編
5ー13技術調査の作業工程
5ー14調査依頼書
5ー15調査実施計画書
5ー16調査回答書
5ー17技術報告書
5ー18情報連絡票
5ー19情報管理担当者に必要な能力
5ー20主なデータベース,サービス機関一覧表
5ー21主な技術情報源機関

6.特許管理編

6ー1特許管理業務体系
6ー2研究開発工程と特許活動のかかわり
6ー3特許出願から登録に至る工程図
6ー4特許業務処理システム
6ー5公報調査検討書
6ー6特許情報二ーズ調査票
6ー7特許情報処理基準表
6ー8発明考案管理票
6ー9発明考案評価基準
6ー10発明考案報償基準
6ー11出願依頼書
6ー12願書の様式
6ー13明細書の様式
6ー14出願審査請求書の様式
6ー15意見書の様式
6ー16手続補正書の様式 
6ー17異議申立書の様式
6ー18特許の手続期間
6ー19特許調査依頼書
6ー20特許調査実施計画書
6ー21特許調査回答書
6ー22特許情報サービス機関一覧表

7.参考資料編

7−1.研究開発管理
7−2.情報管理
7−3.発明・特許


戻るホームへ戻るマニアル