戻る ホームへ戻る マニアル ご注文・お申込の方法 買い物カゴを見る
 

蒸気タービン-理論と構造-


   
A4判・565頁・くるみ製本
定価 9,500円(〒共・消費税込)

ア・ヴェ・シチェグリヤノフ、ベェ・エス・トロヤノフスキー共著
永島俊三郎 訳


注文する このボタンをクリックすると『蒸気タービン-理論と構造-』が買い物カゴに入ります。


目   次

第1章 タービンプラントの熱サイクル

1‐1 タービン発達の略歴
1−2 蒸気タービンの典型的な構造
1‐3 タービンプラントの熱サイクルと蒸気条件が熱効率に及ぼす影響
1‐4 熱と電力の併給
1−5 給水の再生式加熱
1−6 原子力発電所のタービンプラント
1−7 ソ連における発電用陸用蒸気タービンの主要形式

第2章 タービン翼列内の蒸気の流れ

2−1 圧縮性流体の基礎運動方程式
2‐2 流路内の実際流におけるエネルギ損失
2−3 タービン翼列
2−4 タービン翼列における流れのエネルギ損失
2−5 超音速流
2−6 タービン翼列の流量係数と流出角度
2−7 タービン翼列内の湿り蒸気流

第3章 タービン段落

3−1 軸流段落におけるエネルギの変換
3−2 段落翼効率
3−3 段落特性の選定と計算
3−4 半径方向の流れ状態が変化することを考慮した段の計算
3−5 大扇形度段の計画とその翼プロフィル設計
3−6 速度複式段

第4章 段内部効率

4−1 円板摩擦損失
4‐2 蒸気の部分噴射とそれに伴う効率低下
4‐3 2列速度段の計算例
4−4 段内部漏えい損失
4−5 段落効率に及ぼす蒸気湿り度の影響
4−6 段落と翼の構造例

第5章 多段蒸気タービン

5−1 多段蒸気タービンの作動過程
5‐2 再熱係数
5−3 動翼の浸食とタービン流路部における湿分分離方式
5‐4 タービンの軸シール
5‐5 弁類と排気室
5‐6 軸方向推力とそのバランス方法

第6章 多段タービンの構造選定と計算

6−1 多段タービンの構造選定の基本
6−2 1列段タービンの限界出力と最終段寸法の選定
6−3 タービンの熱配分
6−4 タービンユニットとタービン流路部の各段落グループの効率の推定
6−5 タービン回転数、軸とケーシングの選定
6−6 多段復水タービンの熱計算例

第7章 状態変化時のタービン性能

7−1 タービン段反動度と段通過流量
7−2 運転状態変化と段効率との関係
7−3 状態変化時のタービン段の詳細計算
7−4 容積流量が変化した時の復水タービン最終段
7−5 作動状態変化時のタービン段圧力と熱落差分布
7−6 蒸気流量が変化した時と各種加減方式におけるタービンの熱過程
7−7 蒸気加減方式の選定
7−8 変圧運転による出力制御

第8章 蒸気状態変化とタービン出力の関係

8−1 入口圧力の変化
8−2 入口蒸気温度と再熱温度の変化
8−3 排気圧力とタービン出力の関係
8−4 部分負荷状態におけるタービン推力

第9章 復水タービンの構造

9−1 タービン構造の一般原則
9−2 ソ連製タービンの構造
9−3 ソ連以外の外国製タービン
9−4 原子力タービンの構造

第10章 熱併給発電タービン

10‐1 背圧タービン
10‐2 抽気タービン
10‐3 1段抽気タービンの計算と状態線図の作成例
10‐4 2段抽気タービン
10‐5 2段暖房用熱供給用抽気タ−ビン

第11章 背圧タービンと抽気タービンの構造

11‐1背圧タービン
11‐2抽気タービン
11‐3変速運転をするタービン

第12章日本における蒸気タービン

12‐1日本における陸用蒸気タービン
12‐1‐1日本における陸用蒸気タービンの歴史
12‐1‐2日本の代表的な陸用蒸気タービン
12‐2日本における舶用蒸気タービン
12‐2‐1日本における舶用蒸気タービンの発展の略歴
12‐2‐2舶用蒸気タービンに要求される品質
12‐2‐3タ−ビンの構造例


戻るホームへ戻るマニアル