戻る ホームへ戻る マニアル ご注文・お申込の方法 買い物カゴを見る
 

ISO 14001環境マネジメントシステム 新「目で見る環境影響評価」

誰でもできる簡易環境影響評価法

経営に役立つ新手法と45事例 CD-ROM付き


   
くるみ製本(200頁)・CD-ROM付き
定  価18,000円(〒共・消費税込)

◎編著:田邊康雄
    法定登録 田辺技術士・中小企業診断士
    ・労働安全コンサルタント事務所
    (有)田辺コンサルタントグループ
    指導実績:「全員参加のISOマネジメントシステム」(日本規格協会発行単行本)

◎執筆者:富取治郎 花井健夫 岡安政二
     榎本輝雄 加藤範男 佐伯俊一


注文する このボタンをクリックすると『誰でもできる簡易環境影響評価法』が買い物カゴに入ります。


3種類の環境影響評価票で経営に役立つ新手法を事例で公開!

【おすすめの言葉】
世間に蔓延してしまった一般的な「雛形」の環境影響評価の弊害とそれが地球温暖化防止や経営の役に立たないという事がお分かりになるでしょう。
そしてお勧めする環境影響評価とは何かという事を提案しています。それが3種類の環境影響評価票「田辺式ABC票」です。それぞれの目的に合わせて利用する事をお勧めします。活用しやすいように多くの記入例や生産管理に基づく事例を満載しています。
田邊康雄 −「まえがき」より−



必要な頁がすぐ検索できる。
CO-ROMに含まれる文書ファイル(PDF・アクロバット形式)は,著作権上直接書き替えはできません。


ページ見本

■目 次

まえがき

第1章 はじめに

第2章 ISO14001の要求事項

    2−1 ISO14001規格の構造
    2−2 ISO14001規格の流れ
    2−3 ISO14001の要求事項解説

第3章 環境影響評価

    3−1 環境側面(条項4.3.1)
    3−2 一般的な「雛型」の環境影響評価
    3−3 お勧めする環境影響評価
        環境影響評価
        「田辺式ABC票」
        石油化学の記入例
        機械・電気の記入例
        建設の記入例
        事例の記入例

第4章 経営に役立つ環境影響評価

    4−1 経営に役立てるには
    4−2 事 例

        1 「外段取り化」による消費電力の節減
        2 保温強化による灯油消費量の節減
        3 空燃費の適正化による灯油消費量の節減
        4 検査結果の迅速フィードバックによる不良品の減少
        5 西日遮断ルーバーによる冷房電力の節減
        6 生産管理の強化による廃棄物の節減
        7 電動機の回転数制御による省電力
        8 電力負荷の平準化
        9 蒸気漏れ防止
        10 建家天井の断熱強化
        11 蒸気ドレンの回収
        12 氷蓄熱システムの導入
        13 熱処理炉の断熱強化
        14 ABC分析による省エネ重点対策
        15 窓ブラインド清掃による業務効率化
        16 トイレ掃除による作業環境の改善
        17 屋根放水による設備投資低減
        18 ジョウロによる爆発防止
        19 よい作業姿勢による効率向上
        20 計器マークによるトラブル低減
        21 ゴミほしでエネルギー低減
        22 一人生産方式によるムダの低減
        23 清掃の徹底等による建て屋設備の低減
        24 指差呼称による作業不良の低減
        25 1人→2人作業による作業効率向上
        26 掃除機ゴミ、チェックによる製品回収リスクの低減
        27 じゃま棒取付けによる騒音の低減
        28 停電時窓開放による爆発防止
        29 自由テーマ小集団活動による環境改善
        30 扇風機による環境改善
        31 化粧直し作業、環境改善目標策定
        32 パレット置き台による待ち時間低減
        33 発送品置き台による積込時間低減
        34 老朽仮設材の排除による工期短縮
        35 汚泥濃縮装置による環境負荷の低減
        36 「エコトライ協定」に作業員が協力コスト低減
        37 現場敷地作業範囲に、鉄板を全面に敷き埃をなくす
        38 工事車両の簡易なアイドリング防止対策
        39 非開削推進工法による工期短縮
        40 生コン車のアイドリング防止による排気ガス削減
        41 建設現場周辺への環境対策
        42 製品の裁断治具開発による廃棄物の削減
        43 工事材料の有効利用
        44 複合作業による工期の短縮
        45 工事車両の効率的な使用

第5章 まとめ



戻るホームへ戻るマニアル