戻る ホームへ戻る マニアル ご注文・お申込の方法 買い物カゴを見る
 

不況にびくともしない いま公開される 「不思議な会社」の全貌。

儲けなくても儲かる
『不思議な会社』の社是はF=ma(ニュートン第2法則)


   
『不思議な会社』+『その後の不思議な会社』
定価8,000円(〒共・消費税込)

鎌田 勝 編(総合経営教育研究所所長)


注文する このボタンをクリックすると『儲けなくても儲かる「不思議な会社」の社是はF=ma(ニュートン第2法則)』が買い物カゴに入ります。

あなたの人生の指針になり,勇気が湧いてくる!
不景気の時に売れる開発!
あなたは,次元給という不思議な給料体系を知っていますか!


目  次

第1章 会社は人間が幸福になるための社会的道具である

  • 「会社機関説」を提唱したい
  • 社長を信じてもらっては困る
  • 夜学んだ理論を明日は工場で実践
  • 答よりプロセスが大事に感動

第2章 貧しき家に生れ人生を深く知り得たしあわせ

  • 次元が高まれば経営者の親心はわかる
  • 自費で学ぶ尊さを体験させる
  • 名南は決して諸君を優遇しない

第3章 中小企業の経営者はなぜ世襲にこだわる

  • 社長は私人なのか,公人なのか
  • 正直者が馬鹿を見ない会社を創ろう
  • 人生への達観を凝縮する自然法則学習
  • 自主的な創造の連鎖反応を創り出す
  • 科学と芸術と宗教を経営の場で止揚

第4章 粉を入れたこのコップの水が飲めるか

  • 旧鋭工場新日鉄広畑での実験講義
  • 絶妙な信頼感のフィードバック組織
  • 自主性をリードする六次元の信の力

第5章 模倣と闘いつつアリストテレス的社製品を開発

  • 創造の鍵はユーザーの現場にある
  • 不景気の時に売れる機械を開発する
  • 誤差を知って人間に謙虚になる
  • 80人で6,400人分の仕事をする

第6章 「不思議な会社」はあたりまえの会社

  • 自分を要らなくするのが社長の仕事
  • 石油ショックをどうして予見したか
  • 利益計画や目標なしで儲かって困る
  • 組織は積極的に破るためにある
  • 役員選出は一人一票の信任投票

第7章 社長の話を聞くより社員の話がタメになる

  • 誰でもいいなら講演を引き受ける
  • 頼んで時間を区切るとはけしからん
  • 「次元給」理解は名南の踏み絵

第8章 社員は「宝」ではない

  • 濁った色メガネをタタキ落とせ

第9章 協力会社との厳しい鍛え合い

  • 3倍高いが5倍もうかる名南製品
  • 予算ぐるみ慰安旅行をまかせて「精神革命」
  • 倒産しかけた大手メーカーの蘇生援助

第10章 社員と肉親の見た名南製作所と長谷川社長

  • 気違いになるんじゃないか心配
  • 開発は失敗してあたりまえ
  • 単純なものの組合せが生む複雑な世界
  • 人手は要らぬ,人間がほしいのだ
  • オール5の秀才(?)でもおことわり
  • 今どき人生を教えてくれる会社ざらにありますかいな

戻るホームへ戻るマニアル