戻る ホームへ戻る マニアル ご注文・お申込の方法 買い物カゴを見る
 

受験者必携!! 平成24年度の全問80問の解答解説を網羅

土壌汚染調査技術管理者試験解答解説集

(平成24年度)


   
齋藤 和春 編著
工学博士
技術士(総合監理部門,応用理学部門,建設部門)
APECエンジニアリング,EMF国際エンジニア
水質関係第一種公害防止管理者
土壌汚染調査技術管理者

A4判・約150頁
定価:5,000円(税込)+発送料

平成28年度27年度26年度25年度22・23年度もあります。


注文する このボタンをクリックすると『土壌汚染調査技術管理者試験解答解説集(平成24年度)』が買い物カゴに入ります。

本書のおすすめ

表紙
土壌汚染対策法は,2002年に制定され2003年2月施行以降,7年が経過し,2010年4月改正法が施行された。今回の初めての改正はこの期間のいろいろな課題に対応するものであり,その課題は,次のように整理される。
  1. 法に基づかない土壌汚染発見の増加
  2. 汚染土壌除去の偏重
  3. 汚染土壌の不適正処理による汚染の拡散
これらの課題に対して今回の法改正のポイントは
  1. 土壌汚染状況の把握のための制度の拡充
  2. 規制対象区域の分類等による講ずべき措置の内容の明確化
  3. 搬出土壌の適正処理の確保
等である。
また,この法に対して,平成23年7月に施行規則一部が改正された。
今回の法改正の一つとして土壌汚染調査技術管理者試験が制度化された。土壌汚染対策においては,調査が制度的にも実質的にも最重要なポイントであり,2003年施行時も「土壌汚染対策法に基づく指定調査機関」が定められた。そして,その後調査機関は,当初の予想を大幅に上回り誕生した。そのため,調査機関の技術的レベルにばらつきがみられ,土地所有者からの苦情やアンケート調査結果から調査管理者の全体的なレベルアップを図り,機関ごとの技術的格差の解消が急務となってきた。
過去3回行われた土壌汚染調査技術管理者試験は,

1.平成22年度  2.平成23年度  3.平成24年度
受験申請者数
受験者数
受験率
合格者数
合格率
6245名
5554名
88.9%
1055名
19.00%
 受験申請者数
 受験者数
 受験率
 合格者数
 合格率
4174名
3532名
84.6%
381名
10.80%
 受験申請者数
 受験者数
 受験率
 合格者数
 合格率
3747名
3050名
81.4%
311名
10.20%

という結果で,非常に難しい試験となっている。
本書は平成24年度の全問80問につき,問題と正解と解説を掲載し,今後の受験者の参考になるようにした。少なくとも受験者は本書には目を通し,解答し,チェックすることが,合格のための実力チェックになると信じるものである。

平成22・23年度25年度26年度27年度28年度の各解答解説集もあわせてご活用下さい。

戻るホームへ戻るマニアル