戻る ホームへ戻る マニアル ご注文・お申込の方法 買い物カゴを見る
 

実際がわかるDVD
〔製造監督者の役割を考える〕

社外工戦力化のために何ができるのか
「よい現場・強い現場づくりをめざして」第2巻

−アウトソーシング(製造請負)をうまく活用するために−


   

加速するモノづくりのアウトソーシング!
今,現場で問われる“請負の適性化”!
コンプライアンスに基づいて,請負の社外工のあり方を見つめ直そう!

DVD第2巻「よい現場・強い現場づくりをめざして」(約30分)
活用の手引き1冊
定価 42,000円(〒共・消費税込)

[企画協力]松下電器産業(株)ものづくり研修センター
      松下電工(株)人材・能力開発センター
[制作・著作]PHP研究所

2巻セット第1巻もあります。


注文する このボタンをクリックすると『社外工戦力化のために何ができるのか 第2巻』が買い物カゴに入ります。

アウトソーシングした結果,「生産が落ちる」「品質が落ちる」というのでは困ります!
請負の工程をどうサポートするかが,製造現場の大きな課題なのです!

《活用方法の一例》
  • 班長・職長の教育研修用教材として
  • 職場懇談会での社員同士の意見交換材料として
  • 請負のリーダーと班長・職長の問題意識共有化のために

●DVD内容

第2巻:よい現場・強い現場づくりをめざして

「より安全で,よりよく,より安く,より早く,より楽に」─めざすべき職場の姿を請負のラインに根付かせるために,どのような考え方・取り組みが必要なのでしょうか? 第2巻では,5Sや標準作業の視点で,ポイントを考えていきます。
[ケース1]職場のルールを考える
[ケース2]作業の効率化を働きかける
[ケース3]改善・提案を生む職場づくり

戻るホームへ戻るマニアル