戻るホームへ戻るセミナー
 

図面の誤記訂正は検図ではない!!

図面レス時代における設計ポカミス防止と正統派検図法


   

実践版! 日々のポカミス防止で真の検図を習得する。

講師: 國井良昌
國井技術士設計事務所 所長
技術士 機械部門/設計工学
日時: 2021年9月22日(水)13:00〜16:00
特別集中講座
受講料: 21,500円(消費税込)
(テキスト代を含みます。)
会場: オンライン講座(オンライン講座について
全国どちらからでも参加可

※録音・録画はご遠慮下さい。


受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
セミナーのお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。


●受講のおすすめ

図面における製図法の誤りや誤記の検出を「検図」と思っていませんか?それは学生アルバイトの仕事です。本セミナーは,真の検図を伝授します。
トラブルの94%が設計責任と分析されている中で,本セミナーでは設計ミスの防止に役立つ各種の情報を提供します。
技術者にとって,今すぐ必要なものは,軽くて簡単な「電卓レベル」のポカミス防止策と最終関門である検図,その能力の向上と検図システムの構築です。
実は,社告・リコールなどのトラブル防止策に役立つツールは,いきなりの「なぜなぜ問答」や「FMEA」ではありません。日々のポカミス防止活動と日々の検図行為が,トラブル未然防止の基本形であることを本セミナーで学びます。
また,目前に迫ってきた「図面レス」時代。図面がない状況での検図のあり方を解説します。

本セミナーは,以下のメインプログラムで進行します。

  1. 商品企画⇒設計⇒設計審査⇒検図⇒試作⇒量産まで,商品設計・生産設備設計の全域に渡ってポカミス防止策を指導する。
  2. 日々のポカミスを予防する方策,および技術者の最終関門となる「検図」の効果的なやり方を,個人演習を通して解説する。


●セミナープログラム

1.設計のポカミス撲滅でトラブルを防止する
1-1 ポカミスなくしてトラブル撲滅
1-2 ポカミスをなくす道具たち
2.企画段階におけるポカミスを防止する
2-1 企画プロセスにおけるポカミス
2-2 6W2HのA4一枚でポカミス防止
3.設計段階におけるポカミス防止で後戻りを回避する
3-1 設計プロセスにおけるポカミス
3-2 設計段階のポカミス防止は日々の活動にあり
4.試作段階におけるポカミス防止でトラブル再発防止
4-1 試作プロセスにおけるポカミス
4-2 重し付けの試作評価がポカミスをなくす
5.ここまでくれば楽チン検図ができる(機能検図編)
5-1 検図は技術者最後の砦(とりで)
5-2 事例:手動鉛筆削り器の機能検図を実体験する
6.図面レス時代を迎えた検図(生産検図編)
6-1 生産検図を理解する
6-2 事例:鉛筆削り器の回転刃用フレームの生産検図
◎ 質疑応答

戻るホームへ戻るセミナー