戻るホームへ戻る通信講座
 

RCCMは土木・建築に関わる調査・計画・設計業務の管理・照査技術者の資格

RCCM(シビルコンサルティングマネージャ)
資格試験完全合格対策講座


   

通信教育3ヵ月講座
お申込み受付後,すぐに教材が送られ添削指導がスタートします!!
RCCM試験は業務経験を重ねただけでは合格に至れない。
ベテランのRCCM,技術士が徹底的に添削指導で完全合格を達成させる。
(業歴論文添削1回,管理技術力論文添削1回,択一添削1回(II、IV-(1)、IV-(2)))
各専門技術部門の専門技術知識にも対応。添削で合格までもっていきます。

優良認定 全産能連優良講座

◎幹事講師
:鈴木信之 氏
 技術士(農業部門)
 RCCM(農業土木,下水道,上水道及び工業用水道)
 一級土木施工管理技士
:水野 哲 氏
 技術士(建設部門,総合技術監理部門)
 RCCM(施工計画,施工設備及び積算)合格
 一級土木施工管理技士
 労働安全コンサルタント
:丹 左京 氏
 技術士(建設部門)
 一級土木施工管理技士
 一級建築施工管理技士
 測量士他
:網倉聖紀 氏
 技術士(電気電子部門,総合技術監理部門)
:高見昌文 氏
 技術士(建設部門)
 RCCM(道路)
◎専門22部門:
1.河川,砂防及び海岸・海洋 2.港湾及び空港 3.電力土木 4.道路 5.鉄道 6.上水道及び工業用水道 7.下水道 8.農業土木 9.森林土木 10.造園 11.都市計画及び地方計画 12.地質 13.土質及び基礎 14.鋼構造及びコンクリート 15.トンネル 16.施工計画,施工設備及び積算 17.建設環境 18.機械 19.水産土木 20.電気電子 21.廃棄物 22.建設情報
◎受講方法
1ヵ月毎に添削問題を3回送付します。これを提出締切日までに提出していただきますと担当講師が添削し,質問に答え返却します。

◎受講料:49,800円(消費税込)
  (テキスト代、添削代含む)
  (添削は業歴1回、管理技術力1回、択一1回の計3回です。)

受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
通信講座のお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。

●RCCM資格制度

◎シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)
シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)とは,建設コンサルタント業務において必要な「管理技術者」・「照査技術者」として,業務に関する技術上の事項を処理し,または業務成果の照査の任に当たるものである。平成22年12月より登録は個人でもできるようになりました。
日本語では「シビルコンサルティングマネージャ」,英語では「Registered Civil Engineering Consulting Manager」と称する。

◎RCCM資格制度創設の目的
RCCM資格制度は,建設コンサルタント業務の円滑かつ的確な実施に資するとともに,優秀な技術者を積極的に活用することによって,建設コンサルタントの技術力の向上を図ることを目的とする。

●筆記試験内容

問題 設問内容 答案用紙 制限字数 時間
業務経験
(専門分野の技術の記述)
B4
(4枚)
2,400字以内 10:00〜12:00
(2時間)
II 業務関連法制度等の
一般知識

4肢択一
20問
13:10〜16:45
(3時間35分)
III 管理技術力の記述 B4
(2枚)
1,600字以内
IV (1)土木関連工学等の
  基礎知識

4肢択一
20問
(2)受験する各専門技術部門
  の専門技術知識

4肢択一
20問から10問選択

●受講のおすすめ

昨今,わが国の財政の逼迫と低迷に伴い,社会資本を効率よく整備することが強く求められている。RCCMは,技術士を補完する資格として91年に創設された資格です。すでに2万人以上のRCCMが活躍中です。
RCCMに要求される能力は,技術管理能力と専門分野のある程度の技術水準である。受験資格は業務経験年数が大学卒業相当で10年以上である。建設関連の業務に従事している技術者を対象として,効率の良い受験準備をお手伝いします。
実力上昇だけでなく,受験テクニックも併せて解説する実践的講座ですので,是非,ご受講の上合格率をグーンとアップして下さい。

企業内講師派遣講習会も開講できます。


●テキスト内容

1.シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)資格制度

1−1.シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)
1−2.建設コンサルタント
1−3.RCCM資格制度
1−4.RCCM資格制度創設の目的
1−5.技術管理者
1−6.RCCM資格の認定
1−7.登 録
1−8.技術力の維持と登録の更新
1−9.RCCMの受験資格
1−10.RCCM資格の活用
1−11.専門とする部門の内容

2.試験の内容

2−1.試験科目
2−2.評 価
2−3.出題の傾向
2−4.筆記試験の時間割と制限字数
2−5.受験の準備

3.問題Iの業務経験(専門分野の技術力)

3−1.鋼構造及びコンクリート 答案例
3−2.上水道及び工業用水道 答案例
3−3.土質及び基礎 答案例
3−4.河川、砂防及び海岸・海洋 答案例
3−5.農業土木 答案例
3−6.下水道 答案例

4.問題II 業務法制度等の一般知識

4−1.業務法制度などの一般知識を問う試験
4−2.最近の出題傾向
4−3.出題が予想されるテーマ
    4−3−1.RCCM資格制度
    4−3−2.建設コンサルタント登録制度
    4−3−3.入札制度
    4−3−4.契約約款・共通仕様書
    4−3−5.業務評定
    4−3−6.品質確保法
    4−3−7.その他
4−4.解答のコツ
4−5.過年度試験問題 問題IIと解答案

5.問題III 管理技術力

5−1.管理技術力を問う試験
    5−1−1.試験のねらい
    5−1−2.論文執筆上の諸注意
    5−1−3.予想される出題傾向
    5−1−4.勉強の仕方
5−2.管理技術力とはなにか
    5−2−1.業務法制度等の理解力
    5−2−2.業務遂行能力
5−3.想定問題と解答例

6.問題IV(1) 土木関連工学等の基礎知識

6−1.過年度共通基礎技術問題(問題IV-1)及び解答案
6−2.共通基礎技術問題対策
6−3.参考図書及び関連WEBサイト

7.問題IV(2)専門技術知識(4肢択一)

7−1. 河川、砂防
7−2. 港湾及び空港部門
7−3. 電力土木部門
7−4. 道路部門
7−5. 鉄道部門
7−6. 上水道及び工業用水道部門
7−7. 下水道部門
7−8. 農業土木部門
7−9. 森林土木部門
7−10. 造園部門
7−11. 都市計画及び地方計画部門
7−12. 地質部門
7−13. 土質及び基礎部門
7−14. 鋼構造及びコンクリート部門
7−15. トンネル部門
7−16. 施工計画、施工設備及び積算部門
7−17. 建設環境部門
7−18. 機械部門
7−19. 水産土木部門
7−20. 電気電子部門
7−21. 廃棄物部門
7−22. 建設情報部門

戻るホームへ戻る通信講座