戻るホームへ戻るセミナー
 

ムダな“チョコ停”をなくすために! 手順とアプローチのポイントをわかりやすく説明します。

自動化設備におけるチョコ停対策手法


   

設備の現状を把握して,問題をはっきりさせることが現状打開の糸口です!
設備状況の見える化,対策の進め方ポイント等,実務に役立てる具体例を提示します。

講師: 竹内 利一
竹内技術士事務所・所長
日時: 平成30年7月5日(木) 10:00〜17:00
1日集中講座
受講料: 42,000円(消費税込)
(テキストおよび昼食を含みます。)
会場: 新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F
TEL 03(5276)9033
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分
地下鉄有楽町線 麹町駅徒歩5分
(受講券に地図を添付いたします)
会場地図

※録音・録画はご遠慮下さい。


受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
セミナーのお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。

●受講のおすすめ

自動化設備は,停めない限り製品を生産し続けることができます。そして,設備を停止させないためには,チョコ停をなくすことが重要です。チョコ停をなくすには,設備の現状を把握して対策することが必要です。ですが,チョコ停をなくすことは容易ではありません。
そこで本講座では,チョコ停にお悩みの方やチョコ停対策に取り組まれる方を対象に,チョコ停対策の手順と,アプローチのポイントについて説明します。
まず,チョコ停の特徴やチョコ停ロスと設備総合効率の関係を整理し,次いで,チョコ停の種類を分類し,その原因を考えます。問題をはっきりさせた後は,設備状況の見える化や対策の進め方のポイントを解説します。実務に役立てることを念頭に置き,具体例を提示しながら説明します。

習得知識
  1. チョコ停の特徴や現象と,チョコ停ロスと設備総合効率の関係
  2. チョコ停の見える化をするための方法と各種ツール
  3. 設備の現状把握,チョコ停の分析,対策の進め方

●セミナープログラム

1.チョコ停とは
1)チョコ停の特徴と現象
2)チョコ停ロスと設備総合効率
2.チョコ停の現象と原因
1)作業機能別に見たチョコ停の種類
2)チョコ停原因の部位による分類
3.チョコ停原因の分析
1)チョコ停現象と直接原因
2)なぜなぜ分析
3)PM分析
4)4M5E分析
5)チョコ停時間の把握
4.設備状況見える化の各種ツール
1)PLCと連携した情報収集
2)ワイヤレス通信システム
3)FA機器と監視カメラの連携
4)スーパースローとエンドトリガー
5)加速度・温度センサ
5.チョコ停対策の進め方
1)チョコ停の分析と対策案
2)QC7つ道具による分析
3)新QC7つ道具による対策案
4)成果の確認と標準化
◎ 質疑応答

戻るホームへ戻るセミナー